呉服店への転職に営業経験は役に立つ?アピールポイントもあわせて解説!

呉服店への転職に営業経験は役に立つ?アピールポイントもあわせて解説!

営業経験があり、呉服店への転職のときに有利になるのか気になる方もいるでしょう。
営業と販売は似ている部分があるため、アピール次第では転職に有利になります。
正しくアピールするためにも、呉服店で営業経験をどのように生かせるのか確認しておきましょう。
ここでは、呉服店への転職で求められるスキルと営業経験が役立つかどうか詳しくご紹介します。

呉服店への転職で求められるスキル

呉服店への転職では、次のスキルを求められます。

提案力

呉服店は、ファストファッションの店とは異なり、1人ずつ接客して呉服を購入してもらいます。
そのため、お客様に似合う呉服を正しく提案する能力が必要です。
呉服を着るシーンや好みなどを踏まえ、気に入ってもらえる呉服を提案しましょう。

コミュニケーション能力

呉服を提案するには、お客様とコミュニケーションをとり、隠れたニーズを引き出す必要があります。
ニーズに沿った呉服を提案することで、購入に対する納得感が生まれます。
コミュニケーション能力は、接客業や営業で欠かせない能力です。

さまざまな商品の情報を覚える能力

呉服店では、さまざまな商品の情報を覚えて、お客様に合ったものを提案する必要があります。
お客様に合った呉服を瞬時に見極めるためには、商品知識を蓄積しなければなりません。
新商品が入ってきてもすぐに商品知識を覚えるための記憶力は必須でしょう。

呉服店への転職で営業経験が役立つ理由

それでは、呉服店への転職で営業経験が役立つ理由について詳しくみていきましょう。

違いは売る商品のみ

呉服店での販売と営業の違いは、売る商品のみです。
例えば、過去の営業経験でソフトウェアを販売していた場合、今度は呉服店で呉服を販売するようになるだけの違いです。
そのため、過去の営業経験は呉服に限らず、さまざまな販売業に役立ちます。

また、営業経験によって高いコミュニケーション能力を持っていれば、お客様のニーズをつかむのも容易いでしょう。

自分を売る点が共通している

営業と販売は、どちらも商品を売ると同時に自分を売る職種です。
どれだけ商品が素晴らしくても、売り手が魅力的でなければ購入意欲がそがれてしまいます。
反対に、購入を迷っている段階で売り手が魅力的であれば、購入の確率が大きく上がるでしょう。

このように、営業と販売は自分を売る点が共通しています。
自分を魅力的に見せたり気に入られたりする方法を熟知していれば、販売未経験でも早い段階から成果を挙げられるでしょう。

呉服店への転職時のアピールポイント

呉服店へ転職するときは、営業経験があることをアピールしましょう。
また、営業経験で得たスキルや知識などを伝えることが大切です。
面接官にすれば、どれほどの営業スキルがあるのかを知りたいため、単に営業経験があることだけを伝えても転職で有利になりません。

過去に賞を受賞したことがある場合は、それを伝えた方がよいでしょう。
また、なぜ賞を受賞できたのかまで詳しく伝えることで、大体の営業スキルを理解してもらえます。

まとめ

呉服店への転職時には、営業経験を積極的にアピールしましょう。
営業経験があれば、スムーズに呉服店の販売員としてデビューできます。
ただし、呉服店への転職では、呉服が好きなことは必須条件です。
本当におすすめできる呉服を扱っていれば、自信をもって提案できるため、結果的に営業経験によって身についたスキルを発揮できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

勤務地でさがす

職種でさがす