カメラマンとして就職するにはスタジオの撮影経験は必要?

カメラマンとして就職や転職を検討するとき、撮影経験がなければ不利になるのではと不安になる方が多いのではないでしょうか。
そもそも、カメラマンになるために必要な条件はあるのか気になりますよね。
そこで今回は、カメラマンとして働くためにスタジオでの撮影経験が必要かどうか、その他の諸条件とあわせて詳しくご紹介します。

撮影経験の有無で採用率はどう変わる?

スタジオでの撮影経験の有無で、採用率が大きく変わる可能性はほとんどありません。
多くのスタジオでは、未経験者でもカメラマンを雇用しています。
ただし、未経験の場合は、すぐにお客様の撮影を任されるのではなく、最初はアシスタントからのスタートとなります。

また、アシスタント業務をこなしながら撮影技術を身につける必要があり、許可を得なければカメラマンとしてデビューはできません。

カメラマンとしての撮影経験があっても、それが就職先のスタジオとの関係性が薄い場合は、就職に有利になるとは言えないでしょう。
例えば、風景画ばかり撮影していた人がいきなりポートレートを撮影できるようにはなりません。
そのため、撮影未経験者とほぼ同列に扱われます。

スタジオでの撮影経験があった方がよいケース

次のような場合は、スタジオでの撮影経験があった方が就職で有利になります。

職を転々としている

職を転々としている場合、就職で不利になります。
これは、採用しても短期間で退職してしまうと思われるためです。
職を転々としていても、スタジオでの撮影経験があれば、多少は採用率が変わってくるでしょう。

前職の勤続年数が短い

前職の勤続年数が短い場合も、短期間で退職される可能性があると判断されます。
そのため、スタジオでの撮影経験をはじめ、何らかのカメラマンとしての経験があった方がよいでしょう。

競争率が高い

待遇がよいスタジオは競争率が高いため、撮影経験がない時点でふるい落とされる可能性があります。
待遇を重視して就職先を選ぶのであれば、スタジオでの撮影経験は必須でしょう。

撮影経験がなくても就職しやすいスタジオの特徴

撮影経験がなくても、次のようなスタジオは就職しやすいでしょう。

人手不足

慢性的な人手不足に陥っているスタジオは、カメラマンを随時募集しています。
最初からお客様の撮影を任されるわけではありませんが、比較的早くカメラマンとしてデビューできるでしょう。
ただし、人手不足である理由について、事前に調査しておくことが大切です。

撮影技術は働きながら学ぶものと思っている

撮影技術は働きながら学ぶものと考えているスタジオは、撮影未経験でも積極的に採用します。
ただし、撮影技術に対してシビアな目で見ている傾向があるため、カメラマンとしてデビューできるまでには長い時間がかかるでしょう。
やはり、即戦力として働きたいのであれば、ある程度の撮影経験は必須と言えます。

まとめ

カメラマンとして就職したい場合、撮影未経験でも就職は可能です。
しかし、カメラマンとしてデビューするまでには時間がかかるため、ある程度の覚悟は必要でしょう。
人手不足のスタジオにカメラマンとして就職するのであれば、激務を耐えることになる可能性もあります。
カメラマンとしてスムーズにスタートを切りたいのであれば、撮影経験をアピールできるポートフォリオを用意するのもよいでしょう。

勤務地でさがす

職種でさがす