ライフイベント業界の求人大解剖!応募条件ってあるの?

ライフイベント業界の求人大解剖!応募条件ってあるの?

写真館やスタジオ、呉服や振袖の販売店など、ライフイベント業界への転職を検討している方は、自分が応募条件を満たしているかどうか気になるのではないでしょうか。
応募条件を1つでも満たしていないため、諦めてしまう方もいるでしょう。
そこで今回は、ライフイベント業界でよくある応募条件と考え方のポイントについて詳しくご紹介します。

カメラマンの応募条件

カメラマンの場合は、主に次のような応募条件が定められています。

撮影の経験年数

撮影の経験年数1年以上、3年以上など、基本的には1年以上の経験を求められます。
ただし、カメラの撮影が趣味レベルであったり、全くの未経験であったりしても、採用されるケースがあります。

多くの写真館やスタジオでは、高い撮影技術を求めていないため、誰にでもチャンスがあるのです。

画像編集ソフトの操作技術

カメラ技術よりも、画像編集ソフトの操作技術を強く求める求人が少なくありません。
これは、カメラ技術と比べて画像編集ソフトの操作の方が複雑なためです。
そのため、カメラ撮影が未経験であっても、画像編集ソフトの操作ができれば優遇されるケースもあります。

お客様との会話を楽しめること

写真館やスタジオでは、カメラマンはお客様の気分を盛り上げたり、会話で楽しませたりすることが求められる場合があります。
また、子供の撮影をメインにしている写真館やスタジオでは、子供に対して好意的にコミュニケーションをとれることを条件としている場合もあるのです。

ただ撮影経験があるだけではなく、子供や呉服などが好きな方が採用されやすいでしょう。

呉服や振袖の販売店の応募条件

続いて、呉服や振袖の販売店でのよくある応募条件について詳しくみていきましょう。

営業・販売経験

呉服や振袖の販売では、髪飾りや草履などのトータルコーディネートを求められる場合があります。
そのため、営業や販売の経験があることが条件の店もあるのです。
また、応募条件欄にそのような経験が記載されていなくても、営業や販売の経験があると優遇されるでしょう。

着物が好きな方

呉服や振袖の販売店では、着物に1日中囲まれるため、着物が好きなことを必須条件としている求人が少なくありません。
着物が好きでなければ、お客様に合った着物を提案できないでしょう。

また、働く側としても、好きでもない着物に囲まれて仕事をすることにはストレスを感じるのではないでしょうか。
気持ちよく働くためにも、着物が好きな場合にのみ応募を検討することをおすすめします。

応募条件に対する考え方

複数の応募条件が定められている場合は、一部の条件さえ満たせばいいのか、すべての条件を満たす必要があるのか確認が必要です。
応募条件が厳しいと、なかなか応募者が現れないため、基本的には1~2個の条件を満たすことを必須としている企業が多いでしょう。

また、応募条件に「できれば」、「可能であれば」といった文言がある場合は、条件を満たしていなくても応募できます。
ただし、自分よりも適任と思われる人物が同時期に応募した場合は、自分が採用される可能性が低くなります。

まとめ

ライフスタイル業界の求人によくある応募条件は、カメラの撮影技術や業界経験、お客様との会話を楽しめる、着物が好きといったものです。
すべての条件を満たしていれば、それだけ採用されやすいでしょう。
条件を満たしていなくても、応募すれば最終的には採用される可能性もあるため、諦めないことが大切です。

勤務地でさがす

職種でさがす