写真館・スタジオへの就職にメーカーへの就業経験は役に立つ?

写真館・スタジオへの就職にメーカーへの就業経験は役に立つ?

メーカーから写真館・スタジオへの就職を検討するとき、何をアピールすればよいのか悩む方が多いのではないでしょうか。
一見、関連性が全くないように思えますが、考え方次第では十分にアピールできます。
ここでは、写真館・スタジオへの就職にメーカーへの就業経験は役に立つのか、詳しくご紹介します。

メーカーの職種

まずは、メーカーの職種から詳しくみていきましょう。

  • 営業職
  • 商品企画
  • 宣伝・広報
  • 資材調達

メーカーには、製造だけではなく、製品の企画や宣伝、資材の調達、取引先を見つけるための営業など、さまざまな職種があります。
それぞれの職種に求められるスキルと写真館・スタジオで求められるスキルが合致すれば、就職で有利になるでしょう。

写真館・スタジオへの就職に役立つメーカーの職種

それでは、写真館・スタジオへの就職に役立つ職種について、1つずつ詳しくみていきましょう。

営業職

営業職には、問屋や卸、商社に製品の提案や販売を行うのと、大手小売りチェーンでの取り扱いを提案する2種類があります。
また、「既存の取引先の元へ伺い、問題の解決やニーズの模索などを行う」、「新たな販売ルートを開拓する」とさらに細分化されます。

営業職では、製品の提案力が求められます。
この提案力は、カメラ撮影のプランをお客様に提案するときに役立つでしょう。
プランの内容や魅力的なポイントなどを踏まえ、お客様のニーズに沿った提案ができればよいのです。

また、この人なら信頼できると思ってもらえるように、正しい対応をとる必要があります。
これは、スタジオや写真館に限らず、提案や販売などを行う全ての職業に求められる能力です。

商品企画

商品企画では、市場のニーズを分析したうえで、製品の改良や新製品の企画などをします。
スタジオや写真館では、流行を踏まえてプランを作成することが大切です。

また、景気が悪いときはお得なプランを増やし、景気がよいときはプラスαの少し贅沢なプランを増やすなど、世の動向を正しく把握できることも重要なスキルでしょう。
このように、商品企画のスキルはカメラマンにも求められるため、就職で有利になると考えられます。

宣伝・広報

宣伝・広報は、製品のアピールを行います。
カメラマンとアピールは一見無関係に思えるかもしれません。
しかし、カメラマンは撮影だけではなく、自社のホームページ作成や宣伝も任される場合があるため、あながち無駄になるとは言い切れないのです。
宣伝・広報で得た経験から、写真館・スタジオをアピールできれば、より多くのお客様に利用してもらえます。

資材調達

資材調達は、製品開発に必要な材料を集めることが主な業務です。
一見、写真館・スタジオでは無関係に思えるかもしれませんが、実は業務に深くかかわります。
撮影時には、コンセプトに合わせた空間づくりが必要です。

ときには、部屋をデザインするための資材を集め、DIYすることになります。
このとき、資材調達で得た経験を生かすことが可能です。
前職で知り合った他企業の担当者に連絡をとり、価格を抑えて資材を集められる場合もあるでしょう。

まとめ

メーカーと写真館・スタジオは、無関係と思えるかもしれません。
実際には、さまざまな職種での経験が写真館・スタジオでの業務にかかわっています。
しかし、適切にアピールできなければ就職に有利にはなりません。
それぞれの職種での経験をどのように生かせるのか、具体的な例をあげてアピールしましょう。

勤務地でさがす

職種でさがす