写真館への就職面接で注意点は?好印象を与えるためのポイント

写真館への就職を目指すときに突破すべき関門が面接です。 どれだけ履歴書の内容が充実していても、面接の内容に問題があれば採用はされません。 写真館の面接では、どのようなことに注意が必要なのでしょうか。 ここでは、写真館の採用面接での注意点と好印象を与えるためのポイントについて詳しくご紹介します。 写真館の面接で見られるポイント 写真館の面接では、次のポイントに注目されます。 カメラマンとしての素質 写真館では、撮影経験がなくてもカメラマンを採用している傾向があります。 撮影技術は教えることが可能なため、撮影経験が問われないことが多いのです。 ただし、カメラマンの素質があるかどうかは十分に確認されます。 ただ写真やカメラが好きなだけでは、お客様を撮影するカメラマンにはなれません。 見た目や志望動機、自己PRなどからカメラマンとしてキャリアアップしていけるか、撮影技術を磨いていけるかなどを判断されます。 継続的に働いてくれるか カメラマンの仕事は楽ではありません。 給与が決して高いわけでもないため、短期間で退職する人もいます。 そのため、継続的に働いてくれるかは慎重に見る必要があるのです。 短期間で職を転々としている場合は、どうしても警戒されるでしょう。 プラスαの能力があるか 撮影技術があるだけではなく、コミュニケーション能力や提案力などが優れているカメラマンは好印象を与えられます。 自分が気づいていないプラスαの能力があるかもしれないため、十分に自己分析をしましょう。 採用側が面接で確認すべきことを確認できない場合、採用はされません。 採用側が知りたいことをしっかり伝えることを意識しましょう。 写真館への就職面接で気をつけること 写真館への就職面接では、次のポイントに注意しましょう。 1.服装 カメラマンの就職面接の服装は、基本的にスーツです。 私服で来るように言われた場合は、オフィスカジュアルな服装を選びましょう。 服装からは、良識があるかどうかがわかります。 カメラマンはお客様と直接接するため、良識があるかどうか注目されます。 2.ポートフォリオの準備を怠らない 撮影実績や写真をまとめたポートフォリオの内容が不十分だと、カメラマンとしての実力をアピールできません。 また、ポートフォリオは撮影ジャンルや日付などでまとめて、短時間で内容を読み込めるようにしましょう。 3.志望動機をしっかり伝える すでにカメラマンを経験している場合、志望動機がなかなか思い浮かばないかもしれません。 初めてカメラに触れたときからカメラマンになりたいと思った経緯、その写真館に就職したい理由まで、順序立てて伝えましょう。 そのためには、写真館の特徴や普段の業務などを調べる企業研究が欠かせません。 4.正しく自己PRする 自分がその写真館でどのように活躍できるのかを自己PRしましょう。 ポートフォリオで撮影技術は証明できているため、あとはその補足説明と、プラスαの能力があることをアピールするだけです。 過去の就業経験や自分の性格から、どのような価値を写真館とそのお客様に提供できるのかを考えましょう。 まとめ 写真館への就職を希望するのであれば、面接で好印象を与えることを意識しましょう。 ポートフォリオをしっかりまとめて撮影技術をアピールすることが大切です。 自分にアピールする部分がないと思っていても、実際には隠れた能力があるはずです。 周りの人に自分を分析してもらうなどして、アピールポイントを確認しましょう。

写真館への就職を目指すときに突破すべき関門が面接です。
どれだけ履歴書の内容が充実していても、面接の内容に問題があれば採用はされません。
写真館の面接では、どのようなことに注意が必要なのでしょうか。
ここでは、写真館の採用面接での注意点と好印象を与えるためのポイントについて詳しくご紹介します。

写真館の面接で見られるポイント

写真館の面接では、次のポイントに注目されます。

カメラマンとしての素質

写真館では、撮影経験がなくてもカメラマンを採用している傾向があります。
撮影技術は教えることが可能なため、撮影経験が問われないことが多いのです。
ただし、カメラマンの素質があるかどうかは十分に確認されます。

ただ写真やカメラが好きなだけでは、お客様を撮影するカメラマンにはなれません。
見た目や志望動機、自己PRなどからカメラマンとしてキャリアアップしていけるか、撮影技術を磨いていけるかなどを判断されます。

継続的に働いてくれるか

カメラマンの仕事は楽ではありません。
給与が決して高いわけでもないため、短期間で退職する人もいます。
そのため、継続的に働いてくれるかは慎重に見る必要があるのです。
短期間で職を転々としている場合は、どうしても警戒されるでしょう。

プラスαの能力があるか

撮影技術があるだけではなく、コミュニケーション能力や提案力などが優れているカメラマンは好印象を与えられます。
自分が気づいていないプラスαの能力があるかもしれないため、十分に自己分析をしましょう。

採用側が面接で確認すべきことを確認できない場合、採用はされません。
採用側が知りたいことをしっかり伝えることを意識しましょう。

写真館への就職面接で気をつけること

写真館への就職面接では、次のポイントに注意しましょう。

1.服装

カメラマンの就職面接の服装は、基本的にスーツです。
私服で来るように言われた場合は、オフィスカジュアルな服装を選びましょう。
服装からは、良識があるかどうかがわかります。
カメラマンはお客様と直接接するため、良識があるかどうか注目されます。

2.ポートフォリオの準備を怠らない

撮影実績や写真をまとめたポートフォリオの内容が不十分だと、カメラマンとしての実力をアピールできません。
また、ポートフォリオは撮影ジャンルや日付などでまとめて、短時間で内容を読み込めるようにしましょう。

3.志望動機をしっかり伝える

すでにカメラマンを経験している場合、志望動機がなかなか思い浮かばないかもしれません。
初めてカメラに触れたときからカメラマンになりたいと思った経緯、その写真館に就職したい理由まで、順序立てて伝えましょう。
そのためには、写真館の特徴や普段の業務などを調べる企業研究が欠かせません。

4.正しく自己PRする

自分がその写真館でどのように活躍できるのかを自己PRしましょう。
ポートフォリオで撮影技術は証明できているため、あとはその補足説明と、プラスαの能力があることをアピールするだけです。
過去の就業経験や自分の性格から、どのような価値を写真館とそのお客様に提供できるのかを考えましょう。

まとめ

写真館への就職を希望するのであれば、面接で好印象を与えることを意識しましょう。
ポートフォリオをしっかりまとめて撮影技術をアピールすることが大切です。
自分にアピールする部分がないと思っていても、実際には隠れた能力があるはずです。
周りの人に自分を分析してもらうなどして、アピールポイントを確認しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

勤務地でさがす

職種でさがす