【ライフイベント業界版】転職するための必要な技術や資格は?

【ライフイベント業界版】転職するための必要な技術や資格は?

写真館やスタジオ、呉服店、振袖販売店などへの転職を希望している場合、スムーズに採用されるために技術や資格の習得を目指す方が多いのではないでしょうか。スキルや経験、資格を十分に獲得していれば、さまざまな企業から採用されることが期待できます。今回は、ライフイベント業界への転職に役立つ技術や資格について詳しくご紹介します。

ライフイベント業界への転職に役立つ技術

呉服店や振袖販売店では、お客様に呉服や振袖を提案します。また、写真館・スタジオでは、カメラマンとして写真撮影します。これらの業務を遂行するために、どのような技術が必要なのか詳しくみていきましょう。

対人コミュニケーション能力

ライフイベント業界では、お客様と接する機会が多いため、対人コミュニケーション能力は必須です。また、自分を気に入ってもらい、継続的に来店していただくためのコミュニケーションの取り方が求められます。

カメラ撮影技術

カメラマンは、カメラの撮影技術が求められます。趣味レベルで写真撮影をしているだけでは、プロで通用する技術は身につきません。技術不足と判断された場合は、写真館の人から撮影技術の指導を受けます。

営業力

呉服店や振袖販売店では、購入意欲を高めるための営業力が求められます。すでに、営業職で経験を積んでいる人であれば、転職に有利になるでしょう。また、カメラマンであっても、オプションサービスの提案が必要なため、営業力が高いのに越したことはありません。

センス

呉服店や振袖販売店では、ある程度のセンスが求められます。お客様の顔の色や形、髪色、全体の雰囲気などを踏まえ、似合う商品を提案する必要があります。センスが悪くても、実際に働きながら磨くことは可能です。

ライフイベント業界への転職に役立つ資格

どのような業界でも、資格を持っていると有利になります。ただし、業界によって資格の重要度が異なるため、ただ持っていればよいわけではありません。ライフイベント業界への転職に役立つ資格はあるのか、詳しくみていきましょう。

呉服店や振袖販売店に資格は不要

呉服店や振袖販売店への転職では、資格は不要です。資格よりも、対人コミュニケーション能力や営業力などが求められます。アパレル企業では、色彩検定に合格していたり、カラーコーディネーターの資格を所持していたりすると有利になりますが、呉服ではそれほど重視されません。

写真館・スタジオへの転職に役立つ資格

写真館・スタジオへの転職においても、資格は不要と言えます。資格を持っているからといって撮影技術が高いとは限りません。資格を持っておいた方が安心できるのであれば、「写真技能士」、「Photoshop(R)クリエイター能力認定試験」、「フォトマスター検定」の取得を目指しましょう。

写真技能士は、ポートレート撮影やレタッチ作業などの知識と技術があることの証明になりますが、受験にはカメラマンとしての実務経験が必要です。

「Photoshop(R)クリエイター能力認定試験」は、Adobe社の画像加工ソフト「Photoshop」の能力を証明できます。フォトマスター検定は、カメラ愛好家向けの検定で、写真技能士よりはランクが下がります。

まとめ

ライフイベント業界への転職に必要な技術は、対人コミュニケーション能力や営業力、撮影技術などです。資格は、それほど重要視されていないため、余裕があれば獲得を目指すとよいでしょう。ライフイベント業界への転職は、特別難しいものではありません。これまでに習得した技術や経験をしっかりアピールすれば、スムーズに転職できるでしょう。

勤務地でさがす

職種でさがす